興梠征子(こおろぎゆきこ) プロフィール
興梠征子
(こおろぎゆきこ )

7月26日生まれ

A型

プロフィール

奈良文化女子短期大学・音楽科(打楽器専攻)を卒業後、同大学・専攻科へ進学。

卒業後、会社員をしながらクラシック(打楽器)を続けていたが、突然ヴォーカルに目覚める。

その歌声は「ラウンジヴォイス」と評され、ポップス・スタンダードジャズをハートフルに歌い上げる。

70〜90年代の歌謡曲はライブにおいて毎回好評を博している。 技術向上を目指し毎年ニューヨークに渡米、本場の音楽を吸収することに積極的である。

現在はソロ活動のほか、ヴォーカル・ギター・パーカションで織りなすアコースティック・ユニット、新神戸neighborsのヴォーカリストとして、ジャズ・ポップス・歌謡曲を、独自のアレンジで聴かせる。

トレーナーとしても経験豊富で、大阪ビジュアルアーツ専門学校ミュージシャン科ヴォーカル講師を経て、ヤマハポピュラーミュージックスクールほかでヴォーカル及びゴスペル講師として後進の指導に当たるほか、神戸・淡路島でゴスペルの指導も手がける。

略歴

  • 1999年より1年半の間、ポップス・ジャズヴォーカルを越智順子氏に師事。
  • 2000年よりプロゴスペルグループ、コーラスユニットでプロ活動を開始。グループでの活動休止後、ソロヴォーカルとして神戸・グレートブルー、大阪・ミスターケリーズ、ロイヤルホース他、京阪神のライブハウスで活動。
  • 2001年よりボイストレーナーとして活動開始。延べ800名、小学生から70代まであらゆる世代の指導経験を持ち、メジャーレーベル及びインディーズレーベルよりデビューした者も多数輩出。
  • 2006年10月NHK神戸「Cafeトアステーション」出演。
  • 2007年11月より、コーラスグループ Flavor Of Soulのミュージックディレクターとして指導・アレンジなどを担当。
  • 2008年9月、国内最大のゴスペルイベント「第6回ゴスペル・アウォーズ」にて初出場ながらフレッシャーズ部門・優秀賞(第2位)を獲得。審査員からは「指導力の高さをうかがわせる」との高い評価を受ける。
  • 2008年11月、マキシシングル発売。
  • 2009年1月より「クリケット・ボイス・アカデミー」を設立。
  • 2011年1月NHK神戸「Cafeトアステーション」出演、9月NHK神戸イベント出演。

お問い合わせは「メールフォーム」よりご連絡ください。

フェイスブック - こおろぎ ゆきこ